ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

過去問:経済学

経済学


東京都出題

出題傾向

  • 計算問題は問われないが、理論的背景は良く問われる。
  • 経済史については今のところ出題なし。
  • 特別区を含め、過去問からの出題が多い。
テーマ論点都出題回数区出題回数
ミクロ経済学消費者理論 3 5
生産者理論(完全競争) 2 1
生産者理論(不完全競争) 4 5
市場の理論 1 2
パレート最適と市場の失敗 4 4
国際経済学 2 2
マクロ経済学IS-LM分析 3 7
総需要・総供給分析 1 5
経済成長・景気循環 1 3
消費・投資 3 2
GDP統計と産業連関表 1 1


出題内容

年度内容
H28市場での自由な取引だけでは望ましい資源配分が実現しない場合を3つ挙げ、それぞれ説明せよ。
H27生産物市場における独占企業の価格及び生産量の決定について、完全競争市場との違いに言及しながら、図を用いて説明せよ。
H26金融政策の効果について、流動性の罠に言及しながら、IS曲線とLM曲線を示した図を用いて説明せよ。
H25損益分岐点及び操業停止点について、図を用いて説明せよ。
H24ライフサイクル仮説の意義を述べたうえで、ライフサイクル仮説について図を用いて説明せよ。
H23需要の価格弾力性について、図を用いて説明せよ。
H22新古典派経済成長モデルにおける定常状態について、マクロ生産関数Y=(K,L)を用いて説明せよ。ただし、Yは生産量、Kは資本ストック、Lは労働供給量をそれぞれ表すものとする。
H21外部不経済について、市場メカニズムでは効率的な資源配分が達成できないことを図を用いて説明し、ピグー税及びコースの定理についても述べよ。
H20費用逓減産業における自然独占について説明し、政府による価格規制についても言及せよ
H19自然失業率仮説について、フィリップス曲線を用いて説明せよ。
H18投資の決定について、ケインズ的投資理論、新古典派の投資理論及びトービンのq理論を比較して説明せよ。
H17独占的競争について図を用いて説明せよ。
H16国民所得の決定理論について説明し、インフレ・ギャップとデフレ・ギャップについても言及せよ。
H15外国為替市場における購買力平価説について説明せよ。
H14国債貿易における比較優位の原因について説明せよ。
H13IS-LM曲線とクラウディング・アウトについて説明せよ。
H12資本の限界効率の理論を説明し、低金利下に投資が増加しない理由に言及せよ。
H11クールノー均衡について説明せよ。
H10市場の失敗について説明せよ。
H9ライフ・サイクル仮説について図を用いて説明せよ。
H8完全競争市場が成立するための条件を説明せよ。
H7独占市場における均衡を図を用いて説明せよ。
H6消費者余剰と生産者余剰を図を用いて説明せよ。
H5消費者均衡を無差別曲線を用いて説明せよ。
H4屈折需要曲線の理論を図を用いて説明せよ。
H3価格変化に伴う所得効果と代替効果について図を用いて説明せよ。
H2インフレギャップとデフレギャップについて、図を用いて説明せよ。
H1国民所得の三面等価の原則について説明せよ。


参考(特別区出題)

年度内容
H19屈折需要曲線の理論について、図を用いて説明せよ。
負の所得税について、図を用いて説明せよ。
H18貨幣供給のメカニズムについて説明せよ。
価格の変化による最適消費の変化について、代替効果と所得効果により、図を用いて説明せよ。
H17外部経済及び外部不経済について、図を用いて説明せよ。
完全競争市場における企業の利潤最大化の条件について、図を用いて説明せよ。
H16複占市場におけるクールノー・モデルについて図を用いて説明せよ。
自然失業率仮説について、図を用いて説明せよ。
H15限界代替率逓減の法則について説明せよ。
ロストウの経済発展段階説について説明せよ。
H14屈折需要曲線について図を用いて説明せよ。
ピグーの経済的厚生とその3命題について説明せよ。
H13インフレギャップとデフレギャップについて説明せよ。
ライフ・サイクル仮説について図を用いて説明せよ。
H12金融政策の目標と手段について説明せよ。
景気循環についてヒックス・モデルの図を用いて説明せよ。
H11フィリップス曲線の果たす役割について説明せよ。
H10ポリシーミックスを図を用いて説明せよ。
需要の価格弾力性について図を用いて説明せよ。
H9ロストウの経済発展段階説について説明せよ。
市中銀行の信用創造について説明せよ。
H8インフレーションの定義および弊害を挙げ、それに対する経済政策について説明せよ。
国民所得の三面等価の原則について説明せよ
H7金融政策の方法と効果について説明せよ。
くもの巣理論を、グラフを用いて説明せよ。
H6ローレンツ曲線とジニ係数について図を用いて説明せよ。
節約のパラドクスについて図を用いて説明せよ
H5自由貿易と保護貿易について述べ、自由貿易を阻害する経済政策について説明せよ。
完全独占市場における企業の利潤最大化行動について図を用いて説明せよ。
H4市場の失敗を列挙し、それぞれの対応策について述べよ。
消費におけるパレート最適と生産におけるパレート最適について、それぞれ図を用いて説明せよ。
H3X財が値上がりしたときのX財とY財の代替効果および所得効果について図を用いて説明せよ。
国内均衡と国際均衡とを同時に達成させるための政策について図を用いて説明せよ。
H2ディマンド・プル・インフレーションとコスト・プッシュ・インフレーションについて説明せよ。
フィリップス曲線について説明せよ。
H1需要の価格弾力性について図を用いて説明せよ。
独占に対する規制について、その意義と手段について説明せよ。



参考(昭和時代の出題)

年度、都・区どちらの出題か不明

  • 無差別曲線の理論について
  • 消費者余剰と生産者余剰について
  • 所得効果と代替効果について
  • 屈折需要曲線について
  • くもの巣理論について
  • 市場における競争のメカニズムについて
  • 市場均衡のワルラス的安定とマーシャル的安定について
  • 国民所得の三面等価の原則について
  • 古典派の雇用理論とケインズの雇用理論について
  • 財需要の変動が国民所得水準および利子率に与える影響についてIS・LM曲線を用いて説明せよ
  • インフレギャップとデフレギャップについて
  • 景気循環の意義と各局面の説明をせよ
  • 金本位制と管理通貨性の長所と短所について
  • 比較生産優位説を二国に財のモデルの表を用いて説明せよ






都庁採用試験wiki TOPページヘ

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
D P M T I
 
過去問/経済学.txt · 最終更新: 2016/10/15 15:11 by seiya