ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

interviewing:manner

面接のマナー


⇒服装などについては、リクルートスタイルの基本などを参照


入室から着席までの流れ

  1. ドアを軽く2回ノックし、「どうぞお入りください」と言われたらドアを開ける。この時、右開きのドアなら右手、左開きのドアなら左手で開ける。(体が正面を向くようにするため。)
  2. 軽くドアを開け、真ん中の面接官を見ながら、はきはきと「失礼いたします」と述べる。
  3. 入室し、面接官に完全に背を向けないようにドアの斜め前に立ち、ドアを閉める。(閉めるとき、音が出ないように気をつける。)
  4. 面接官の方を向き、はきはきと「よろしくお願いいたします。」と言い、一礼する。
  5. イスの横まで移動し、イスの横に立ち、「受験番号○○の○○です。本日はよろしくお願いいたします。」と言う。
  6. 「どうぞおかけください」と言われたら「失礼いたします」と言い、一礼した後、座る。
  7. 深く腰掛けないようにして背筋を伸ばし、男性は軽くこぶしを握りひざの上に置く。女性は両手を重ねひざの中央に置く。


面接中

  • 最初は中央の面接官、誰かが話したらその面接官の目を見る。
  • 面接官の話が長い場合は、適度にうなずく。
  • はじめは笑顔を作り、話の内容に併せ、表情を変化させる。


退室時のマナー

  1. 面接が終了したら「本日はお忙しい中誠にありがとうございました。」と言い、座ったまま一礼する。
  2. イスの横に立ち、「失礼いたします。」と言い、ドアの前まで行く。
  3. 面接官の方を向き、再び「失礼いたします。」と言い、ドアを開け外に出る。
  4. ドアを閉める前に中央の面接官にアイコンタクトし、ドアを閉める。



マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 要点マスター!  就活マナー
美土路 雅子
マイナビ (2014-08-27)
売り上げランキング: 115,962






都庁採用試験wiki TOPページヘ

interviewing/manner.txt · 最終更新: 2015/07/02 22:53 by seiya