ユーザ用ツール

サイト用ツール


past-exam1a:public-finance

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
past-exam1a:public-finance [2015/06/16 22:18]
seiya
past-exam1a:public-finance [2018/01/31 22:03] (現在)
seiya
ライン 1: ライン 1:
 ====== 財政学(Ⅰ類A) ====== ====== 財政学(Ⅰ類A) ======
 ----- -----
 +===== 平成28年度 =====
 +地方財政に関する次のⅠ〜Ⅲの全ての問いに答えなさい。\\
 +\\
 +Ⅰ 地方財政の望ましい仕組みを考える上で、人々は各自治体の政策も見ながら居住地を選択しているという事実を認識することは重要である。このように、人々が「足による投票」によって自治体を選ぶという構造には、社会全体の効率性や公平性を高める効果と低める効果があることが知られている。\\
 +(1)人々の「足による投票」を通じて、効率性や公平性が向上する可能性について、わかりやすく丁寧に説明しなさい。\\
 +(2)人々の「足による投票」を通じて、効率性や公平性が低下してしまう可能性について、わかりやすく丁寧に説明しなさい。\\
 +\\
 +Ⅱ 一般に、中央政府と地方政府の間には財源移転が行われる構造が存在している。様々な財源移転ルールが考えられるが、代表的な方式として、地方自治体の特定支出の一定割合を補助する「定率補助方式」と、自治体の財政状況に応じて財源を定額で与える「定額補助方式」がある。我が国では「国庫支出金」が前者の方式、「地方交付税交付金」が後者の方式となっている。\\
 +(1)それぞれの方式が、地方政府の活動に与える影響について、2つの方式の違いに注意しながら、理論的に説明しなさい。そして、それぞれの方式は、どのように使い分けられることが望ましいかについて説明しなさい。\\
 +(2)我が国の国庫支出金と地方交付税交付金の制度について
 +、それぞれの概要を説明しなさい。そして、(1)での考察も踏まえて、我が国における財源移転制度の望ましいあり方について、あなたの考えを説明しなさい。\\
 +\\
 +Ⅲ 中央政府と地方政府の活動を歳入面と歳出面に分けて、中央政府と地方政府の役割分担の望ましいあり方について、Ⅰ及びⅡでの考察も踏まえて、次の(1)〜(3)に答えなさい。\\
 +(1)中央政府と地方政府の歳出面での望ましい役割分担のあり方について、説明しなさい。\\
 +(2)中央政府と地方政府の歳入面での望ましい役割分担のあり方について、役割分担の結果として必要となる財源移転の望ましいあり方も含めて、せつめいしなさい。\\
 +(3)我が国の地方政府は、大きく「都道府県」と「区市町村」に分けて考えることができる。「都道府県」と「区市町村」の歳入面と歳出面での望ましい役割分担について、あなたの考えを根拠を示しながら説明しなさい。\\
 +\\
 ===== 平成27年度 ===== ===== 平成27年度 =====
 次のⅠ、Ⅱの全ての問に答えなさい。\\ 次のⅠ、Ⅱの全ての問に答えなさい。\\
past-exam1a/public-finance.txt · 最終更新: 2018/01/31 22:03 by seiya